■どこ行くの🐾Where shall we go ■

海外旅行や趣味、日々の生活での体験を気ままに綴るブログです。 時にはお役立ち情報を織り交ぜられればと思います。気楽にご覧頂ければ幸いです。

サメット島(その1)

 羽田空港

 

 羽田空港からタイ国際航空深夜便でバンコクスワンナブーム空港へ向かいます。久しぶりのジャンボです。

 

f:id:doko-ikuno:20191119140545j:image

 

サメット島は、本土から6.4km沖合いのタイランド湾内の島です。ラヨーン県に属し、同県の県章にも描かれています。今回はサメット島で2泊、バンコク1泊で、3泊4日の弾丸旅行です。

 

 スワンナブーム国際空港からA社の送迎サービスで、サメット島へ行く船の発着点のバンぺーまで行きます。

  道中でだんだん明るくなってきて朝日が昇ってきます。

 


f:id:doko-ikuno:20191119100117j:image

f:id:doko-ikuno:20191119100121j:image


  バンぺー港からは船でサメット島のナダン港まで向かいます。ナダン港は漁港です。

 スピードボートもありますが、フェリーが一番お得です。ホテルごとに目の前のビーチまでのスピードボートもあります。

 


f:id:doko-ikuno:20191119100252j:image

f:id:doko-ikuno:20191119100248j:image

 

サメット島

 

 40分くらいでサメット島ナダン港に着きました。まだ昼の12時過ぎです。

  


f:id:doko-ikuno:20191119100401j:image

f:id:doko-ikuno:20191119100406j:image

 

 桟橋の写真の左端が女神像で、サメット島のシンボルです。周辺の島々も含めて伝わる昔話に出てくるモンスターで、ピー・セウア・サムット(Phee Seua Samut)と言います。この昔話を題材にした小説がタイ全土でヒットしたため、この像も有名になりました。著者はサメット島があるラヨーン県で生まれタイの詩聖と呼ばれたスントーン・プー(Sunthorn Phu)です。

 桟橋で入島料20THBを支払って、各ビーチに行くためにゲートで国立公園入場料が外国人200THB(タイ人40THB)を支払います。

 ナダンはこの島で一番の賑わいポイントです。ソンテウが並んでいて、コンビニ、レンタルバイク屋さん、お土産屋さんなどが並んでいます。

 

サメット カバナ リゾート

 

 今晩はサメット カバナ リゾート (Samed Cabana Resort)に宿泊します。

 ソンテウに乗ります。乗客が少なかったのでカバナリゾートまで200THBと言っていましたが、意外とあっさり100THBに値下げしてくれました。港を離れ、ゲートで国立公園入場料を支払って進むと、道路が山側に離れ少し寂し気な様相になってきますが、ビーチ側にまばらに点在するホテルは道路からもビーチリゾート気分が感じられます。バイクもたくさん行きかって、炎天下のトレッキング?散歩?をしている欧米人も多く見かけました。

 途中で1組お客様を降ろして、20分くらいでカバナリゾートに到着。

 Ao Wong Duean bay アオ ウォン ドゥアン ビーチにあるホテルです。

 

f:id:doko-ikuno:20191120134834j:image

 

 もう、絵に描いたようなきらびやかに輝く完璧なビーチリゾートです!

 


f:id:doko-ikuno:20191120135009j:image

f:id:doko-ikuno:20191120135005j:image


 チェックインまで少し時間が必要とのこと、水着に着替えてブランチです。

 

f:id:doko-ikuno:20191119100655j:image

 

 お部屋はプールサイドと、シービューのバンガローがありますが、プールサイドの方が人気があるようです。新しくて清潔です。

 バルコニーからプールが見えます。いい感じですよね。

 

f:id:doko-ikuno:20191119151441j:image

 

 因みに翌日宿泊した同じビーチにあるウォンドゥアンリゾート(Vongdeuan Resort)のバンガローより、このカバナリゾートのプールサイドの部屋が、断然快適で過ごし易かったです。

 


f:id:doko-ikuno:20191120135239j:image

f:id:doko-ikuno:20191120135245j:image

  


f:id:doko-ikuno:20191119151734j:image

f:id:doko-ikuno:20191119151730j:image

 

 海⇒ビール⇒昼寝、のサイクルで、時がゆったり過ぎていきます。

 

 夜になるとビーチにレストランが出ます。

 

f:id:doko-ikuno:20191120172214j:image


f:id:doko-ikuno:20191120172319j:image

f:id:doko-ikuno:20191120172314j:image


 人生最大のエビをたくさん頂きました🍤

 

 ファイヤーダンスも無料で楽しめます。

 YouTubeのライブ配信をしていて、写真が少なくてごめんなさい。

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

次はサメット島2日目です。

 

🔙前の記事はこちら。