■どこ行くの🐾Where shall we go ■

海外旅行や趣味、日々の生活での体験を気ままに綴るブログです。 時にはお役立ち情報を織り交ぜられればと思います。気楽にご覧頂ければ幸いです。

2019年しぶこ・愛ちゃん・申さん 数字で見る女子プロゴルフ(最終日)

サードラウンド、最終日です。

 

f:id:doko-ikuno:20191212095223j:image

 

 『ドライビングディスタンス』は渋野日向子選手12位、鈴木愛選手25位、申ジエ選手55位です。平均飛距離は以下の通りです。

 渋野日向子選手  248.21ヤード

 鈴木愛選手    242.69ヤード

 申ジエ選手    236.28ヤード

 『フェアウエイキープ率』は申ジエ選手が3位(光ります!)、鈴木愛選手37位、渋野日向子選手41位です。

 ここで、上記の『ドライビングディスタンス』順位と『フェアウエイキープ率』順位を合算した『トータルドライビング』という指標になると、渋野日向子選手4位、申ジエ選手5位、鈴木愛選手9位とまたまた上位に顔を出し、ドライバーもバランスが良くとれていることになります。

 この『トータルドライビング』で賞金ランク4位、5位のイ・ミニョン選手、ペ・ソンウ選手が1位、2位を占めています。特にイ・ミニョン選手の38は2位ペ・ソンウ選手の51を大きく引き離して抜群の記録を示しています。ドライバーが非常に安定しているのでしょうね。

 ちなみに『ドライビングディスタンス』の第一位は、ご存知穴井詩選手の260.67ヤード、渋野日向子選手より平均12ヤード飛ぶことになります。しかし穴井詩選手は『フェアウエイキープ率』97選手中95位の55.6143で、半分少ししかフェアウエイをキープできず『トータルドライビング』も42位という結果でした。 

 

f:id:doko-ikuno:20191204135138p:image

 『リカバリ率』はパーオンしなかったホールでパーかそれより良いスコアを獲得した率です。申ジエ選手が1位、鈴木愛選手が2位です。

 『サンドセーブ率』グリーンサイドのバンカーに入ってから2打かそれより少ない打数でカップインする率、いわゆる『砂いち』ですね。鈴木愛選手が2位です。

 前の記事『数字で見るLPGA(2R)』で『1ラウンドあたりの平均パット数』第一位とご紹介した柏原明日架選手が『リカバリ率』で4位、『サンドセーブ率』は1位を獲得しています。やはり『寄せワン』『砂いち』でパット数が少ないようですね。

 彼女はキャロウェイと用具契約をしていて、セッティングはFWを5本入れて11Wまで使っているようです。もちろん小さい頃から使う得意クラブなのでしょうが、『パーオン率』88位の改善のためにはアイアンを磨くことが有効、と思うのは素人考えに過ぎないでしょうか。。。柏原明日架選手、応援しています!

 最後にパー3.パー4、パー5の平均スコアです。申ジエ選手、鈴木愛選手の安定性は驚異的ですね。渋野日向子選手は二人に比べると少しギャンブル性が高く、楽しげでワクワクしますね!

 

 最後までご覧頂きありがとうございます。

 

前の記事はこちら。

www.where-shallwego.com